山猫が見た世界

生息地域:東京、推定年齢:40歳前後、性別:オス

映画:「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」

1年ぶりの更新になってしまいました。毎月映画を何本か観て、その中から気に入った作品をブログで取り上げて、というリズムがコロナで壊れてしまい、そこからなかなかに戻れずにいました。私は結構趣味が移り変わっていく傾向のある人間なので、映画鑑賞の…

映画:「ミス・アメリカーナ」(Miss Americana)

Netflixオリジナルの、アメリカを代表する女性ミュージシャンであるテイラー・スウィフト(Taylor Swift)を主人公にしたドキュメンタリー作品。アメリカを代表するアイコンでなければ使うことが許されない作品名ですね。実際、若くして国民的な、世界的なス…

映画:「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」(Little Women)

コロナウイルスの影響で映画館に行けなかった数カ月間。動画配信サイトも便利で良いのですが、やはり、2時間ちょっとの間、暗闇の中で大画面と大音響に包まれながら作品の世界に没入できる映画特有の魅力は他では代えられないもの。久しぶりの映画館となれ…

アニメ:「新世紀エヴァンゲリオン」

エヴァがリアルタイムで放送されていたのは、1996年から1997年。当時のエヴァ旋風は、今で言うと「鬼滅の刃」と同じかそれ以上の勢いがあるものだったと思いますが、高校2年生の私にはちょっと子供っぽく見えて、何となく敬遠したまま観る機会を失ってしまっ…

アニメ:「鬼滅の刃」

親が子どもと一緒にアニメを見て子どもよりも熱心なファンになっているとか、原作単行本の売れ行きがとんでもないことになっているとか、凄い作品だという話は幾度となく耳にしていたものの、何となく手を出せずにいた「鬼滅の刃」。新型コロナウイルスの影…

映画:「パラサイト 半地下の家族」

公開直後から良い評判を聞いていたものの、観に行くことができずにいた本作。そうこうしているうちに、アカデミー賞作品賞の受賞により世界的な大ヒット作になってしまいました。遅ればせながらようやく観ることができました。半地下に住む貧しい一家が、素…

映画:「ラストレター」

2020年最初に鑑賞したのは、岩井俊二監督の最新作。岩井監督本人の説明を借りると、自身の代表作である「Love Letter」をモチーフにしつつも、「スマホ全盛の現代にあって手紙をテーマにするアイデア」の着想を得たことから、現代風の完全なる新しい物語とし…

映画:「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(Star Wars: The Rise of Skywalker)

数年に一度、スター・ウォーズの新作公開のタイミングで訪れる「お祭り」が、今年もやってきました。公開が近づいてくるにつれて増してくる新作への期待と不安。自然と高鳴ってくる気持ち。そして、公開初日に高鳴る鼓動を抑えて映画館を訪れ、オープニング…

ヘルツのビートルリュック

とても久しぶりになってしまいましたが、ファッションに関する話題です。今回は、他の人から「それ、良いですね」と言っていただける機会も多い、私の愛用鞄をご紹介します。身の回りのものについて「シンプルで長く使えるもの」を選ぶようにしているという…

映画:「マチネの終わりに」

平野啓一郎さんの原作を読んで圧倒され、映画化の発表に触れてどんな作品になるのかと憂慮し、福山雅治さんと石田ゆり子さんという主役の配役を聞いて大きな期待に変わり・・・と、個人的にいろいろな思い入れを持って待ち望んでいた本作の公開。公開を待ち…

映画:「アースクエイク・バード(Earthquake Bird)」

Netflixオリジナル映画の本作。今年の東京国際映画祭で招待作品として上映されると聞いて、映画祭のチケットを入手して観に行ってきました。考えてみると、映画祭と名の付くイベントには参加したことが無く、東京国際映画祭に行くのも今回が初めて。上映会場…

映画:「ジョーカー(Joker)」

バットマン(Batman)の最大のライバル、ジョーカー(Joker)。本作は、社会の片隅でひっそりと生きていた男が狂気の犯罪者になるまでを追う物語です。バットマンシリーズのような派手なアクションや格好良い最新メカは全く登場せず、ほぼ前編が、主人公であ…